無料でご相談 「合格保証」不合格は紺サル費用全額返金

JFS-A/B規格取得コンサルティング

食品安全マネジメントシステム JFS規格の適合証明取得支援

JFS規格を取得するなら当社コンサルタントにお任せください!

日本の食品安全管理を世界水準に引き上げるため、一般財団法人食品安全マネジメント協会が2016年に設立されJFS規格が誕生しました。
食品事業者様のJFS規格の適合証明取得を支援するため、当社でもサポートを開始しました。
食品安全規格に詳しいコンサルタントが親身になって対応しますので、これからJFS規格の認証取得を検討されているお客様はお気軽にご相談ください。

ISOコム株式会社 お気軽に今すぐご連絡ください!

JFS規格の取得支援・コンサルティング

JFS規格とは日本人に合った食品安全スキーム

NIPPON

JFS規格が生まれる前からISO22000やFSSC22000などは食品安全スキームとして日本でも広く知られ、取得している企業も多い状況です(ISO/FSSC22000合計2870組織 2018年3月末概算)。
しかし、国際認証のため海外の考え方がなかなか日本企業に馴染まず、認証取得に踏み切れない企業もありました。

そのため、日本発の日本製の食品安全スキームを構築すべきという声が高まり、一般財団法人 食品安全マネジメント協会が設立され、JFS規格が誕生しました。

日本の食品事業者が扱いやすい規格としてスタート。
これからの取引に絶対必要になる!

JFS規格の目的

和食

日本生まれの食品安全管理規格、認証スキームは民間ビジネスの力を借り、以下の目的を達成するために構築されました。

  • 食品安全等対策レベルの強化
  • 品質管理の効率化、有効性向上
  • 認証ハードルの回避低減(言語や背景の違い等による分かり難さを解消)
  • 海外輸出の促進(世界進出する和食とその和食材、特産品の展開普及)
  • 日本の食料産業の存在感、発言力の向上
  • 世界の食品安全への貢献

食品事業者ならJFS-B規格は絶対取っておきたい

衛生管理

2020年までに食品事業者は、HACCPによる衛生管理を導入しなければなりません。

今後食品事業主が営業許可を取得、または更新する際に、以下の2点を必ず実践(または予定)していることを証明する必要があるのです。

①HACCPに基づく衛生管理
②HACCPの考え方を取り入れた衛生管理

このHACCPを導入し、食品安全衛生管理に努めていることを証明するための方法として注目されているのが、このJFS規格です。

JFS-B/C規格では、HACCP導入の7原則12手順が盛込まれています。
そのため行政や流通業界団体でも、JFS-B規格以上の認証を取得できていれば、HACCPによる衛生管理を実施していると判断されるのです。

つまり、食品事業者として今後事業拡大や取引先との契約継続を目指すには、JFS規格を取得することが絶対条件なのです!

JFS-B規格以上を取得すればHACCPによる衛生管理を実施していると取引先に判断してもらえる!

中小企業ならJFS-B規格を取っておけば大丈夫

JFS規格の特徴として、A、B、C規格の3つの規格の積上げ構造になっています。

管理手法が簡単なものから国際的に通用する厳しいものへ要求事項が積み上げられていく形です。

  • A規格 → 一般的な衛生管理
  • B規格 → HACCPの構築と運用(Aの要求事項を含む)
  • C規格 → GFSIの要求事項を包含する内容(A,Bの要求事項を含む)

JFS-A・B・C規格

食品衛生に関する第三者認証制度には、ISO22000、ISO/FSSC22000がありますが、JFS-C規格とほぼ同等でレベルが高くなっています。

そのため、中小企業が自社の食品安全レベルを向上させるためには、構成要素が少ないJFS-A 、JFS-B規格から始めることがおすすめです。

ただ、普段の業務を行いながらJFS規格を取得するのは業務量が膨大となり、余裕のない企業様にとっては困難が伴う可能性があります。

そのため、自社での認証取得が難しいとお考えの場合は当社にご連絡ください。

当社でお客さまのJFS-A/B規格認証取得をコンサルティングいたします。

必ずJFS-A/B規格の認証取得を成功させてみせます。

JFS規格は当社のようなコンサルに依頼した方が早く確実に取得できます!

認証適合証明取得までのSTEP

STEP1

コンサル開始

JFS規格の内容を確認し、認証の方向性やスケジュールを決定。

STEP2

システム構築

JFS規格の要求事項と照らし合わせながら、お客様のビジネスに合致した食品安全マネジメントシステムを作り上げます。

STEP3

監査・登録

認定機関/監査会社と契約し、監査を受けます。
監査結果報告に基づき認証され、適合証明書が発行されます。

JFS-A/B/C規格要求事項

JFS-A/B/Cの各規格要求事項はこちら

(出典:一般財団法人 日本食品安全マジメント協会)

ISOコム株式会社が全国各地のお客様を訪問し、JFS規格取得までをサポートいたします!

  • 東京本社
    東京本社
  • 関西本社
    関西本社(大阪)
  • コンサル風景

ISOコムの会社概要

ISOコム株式会社 お気軽に今すぐご連絡ください!

JFS規格の取得支援・コンサルティング

その他のISOコンサルティングサービスの種類と解説

  • ISO9001コンサルティング 良品、良質サービス
  • ISO14001コンサルティング 環境配慮型経営
  • ISO22000コンサルティング 食品衛生管理
  • JFS規格 食品安全マネジメントシステム
  • ISO27001コンサルティング 機密情報の安全管理
  • ISO45001コンサルティング 労働安全衛生
  • JIS Q 15001コンサルティング 個人情報保護マネジメントシステム
  • プライバシーマーク 個人情報保護