無料でご相談 「合格保証」不合格は紺サル費用全額返金

よくあるご質問

よくあるご質問


お客さまからいただくご質問についての回答をまとめました。ISO認証取得・更新でお困りの方、お悩みの方は、ぜひこちらをご覧ください。

ここに記載されていないご質問につきましては、随時
無料でご相談フォームからご質問ください。

新規取得

ISO取得のメリットは?
ISOは、例えばISO9001ですと、品質のよい製品やサービスをお客様にいつも提供する仕組みのお墨付きをもらうことになるので、今のお客様や今後取引の可能性のあるお客様へ信頼を与え、継続や新規顧客の獲得につながります。ISO14001ですと環境配慮経営を通じて省エネ省資源、リサイクルや廃棄物の削減に努力している会社といえます。
ISO取得のメリット
認証取得にかかる費用は?
例えば、ISO9001やISO14001弊社の場合には1業種、1拠点で1規格あたり98万円~になります。業種や拠点数で単純にかけ算にはならず、営業時に訪問してヒアリング、現地確認等から見積をご提示しています。規格によっても費用が変わりますので、お気軽にご相談ください。
ISO認証取得支援・コンサルタント費用
ISO取得までの期間は?
1業種、1事業拠点、従業員数50名程度を基本に考えますと、スタートから8~12ヶ月でISOの登録証を入手いただいています。
弊社では、ISO9001をスタートから5ヶ月目で登録証を入手された事例、7ヶ月でISO9001と14001の登録証を入手された事例があります。但し、取組中の日常の業務時短が集中的にかかるため、担当者様のマンパワーが十分でない場合には、あまりお薦めしていません。お急ぎの場合には、6~8ヶ月でご提案しています。
取得までの流れを教えてください
ISOの取り組みから認証までの流れは、大きく言いますと、①システム構築 ②システム運用 ③審査の受審と指摘対応 となります。
① では、マネジメントマニュアルや、業務フロー、リスク分析、帳票等の作成
② では、①で作ったシステムルールに沿って運用(仕事)をしていただき、結果の記録(証拠)を残していきます。
③ では、①のルール、②の運用結果を審査され、その指摘に対して修正処置、原因究明、再発防止を行い、審査登録となります。
取得までの流れ
各規格について教えてください。
各規格のよくあるご質問はこちらです。
コンサルタントは何をしてくれるの?
コンサルタントは、
①システム構築支援、②システム運用支援、③審査対応支援の3つを行います。

①システム構築支援
ISO等の規格を基に、あなたの会社で行なっている仕事をヒアリングし、作業を確認し、無理なく運用できるよう、システム(ルール)作りを行います。
②システム運用支援
システムを作った後は、お客様に運用いただきますが、システム通りが書類や作業を見て確認し、審査に受かるように修正をかけます。
③審査対応支援
ご不安な場合には、オブザーバーとして、審査に参加することも可能です。(JFS、プライバシーマークは不可)審査で受けた指摘は、合格までサポートします。
ISOについて全く知識がないが大丈夫ですか・・?
大丈夫です!ISOが何かを分からずに始められているお客様がほとんどですが、全社審査合格されていますので、どうぞご安心ください。
弊社では、初回訪問時に「ISOとは?」から始めて、ISOの審査制度、規格の概要説明を分かりやすくお話しします。
ISOに対応したマニュアル作成時には、次の5つのステップを踏み、仕組み作りをします。
① 規格の意味とは?
② お客様の業務実態をヒアリング
③ 無理のないルール提案
④ 無理なくルール通りに仕事ができるか、確認し、同意を得る
⑤ 実際に運用いただき、無理がないかチェックし、ルールのお直しをする
ISOコムは他のコンサル会社と何が違うの?

あなたの会社に応じた分かりやすくて使いやすいシステムを作ります。
なので、審査に通った後の日常的な負担や、審査前の準備作業の負担が最低限で済み、ほぼ日常業務をやっていれば審査に通るようになります。
他の会社は、本業に役立たないISOの審査のためだけの業務や記録が増えているケースが多いか、必要な作業や記録の作成、審査対応の代行までしてくれる会社もあるようですが、ISOの第三者審査の信頼性を根本から否定する行為であり、とてもオススメできません。

基本は自社運用です。自社でまわせるシステムを作り、運用していただく。
そのサポートにISOはこだわります。

ISOの取得に失敗することはありませんか?
弊社の実績150社強ございますが、失敗はこれまでございません。ただ、重大不適合を受けて再度審査を受けなければならないことになればコンサルは失敗といえます。重大不適合とは、重大なクレームを放置している、品質や環境等の目標を設定していない、内部監査を実施していない、マネジメント・レビューを実施していない、等ISOの要求事項の中で特に重視されていることを未実施であった場合には重大不適合をもらって、再度審査を受けるということはあり得ます。
1回の打ち合わせ時間は?
打合せは、原則お客様の事業所や工場を訪問します。
開始は9時から10時の間からで、1工数4.5~6時間、0.5工数の場合には1.5時間~3時間となります。
お客様のご都合に合わせて3時間程度の訪問を重ねていただくことも可能です。
その辺りは、お客様とのご契約の際や都度の訪問日程を決める際に調整しております。
本社と工場で別々にISOを取得することは可能ですか?
可能です。14001,27001,45001,22000等の場合には問題ありません。但し9001の場合には慎重に判断する必要があります。9001では、あなたの会社がどのような製品やサービスで登録するかを決めると、その製品やサービスを行っている事業上(サイト)は全て含むことを要求しています。つまり、引合や注文の受付、設計開発・提案、製造・サービス提供、購買、検査、出荷などの一連のプロセスが、登録する製品やサービスの品質に関わっている場合には、含める必要があります。但し、この辺りの考え方は審査機関によって考え方にバラツキがありますので、事前に審査機関に確認しておくことをお勧めします。
審査機関はどこにお願いすればいいでしょうか?
日本国内にはISOの審査機関は60社程度あると言われています。
一番大切なことは、『認定』を受けている機関であることです。
『認定』とは、日本を含めて各国にある『認定機関』(例えば、日本ではJAB、イギリスではUKAS、アメリカならANABなどをいいます)
認定がなければ、審査機関独自の認証ということになるので、その信頼の程度は、審査機関に委ねられます。
次に、認定を受けた審査機関の選び方です。
これは、あなたの会社が何のためにISOの認証をとろうとするのか、目的によります。
審査の質(肌感覚です)価格面では倍以上の開きがあります。
質では、本来のISOの審査制度を理解し、受審組織の先の顧客やエンドユーザーが安心してその受審組織に発注できるかを慎重に確認し、指摘すべきを毅然と指摘し改善に導く機関が本来のあるべき姿でありますが、指摘すべきところを目の前の受審組織の顔色を伺ったり、指摘するスキルがなくて、指摘できないまま、審査合格として登録証を発行してしまう機関もあります。
つまり、ISOの認証を通じて、より品質向上、環境面の配慮、食品事故の低減、セキュリティの強化、事故の低減など事業の成果を改善したいのか。
或いは、そんなことは置いといて、安く簡単に早く登録証だけもらいたいのか。
によります。
弊社では、これまでの豊富な審査受審の経験から、あなたの会社のニーズに合わせておススメ機関を複数ご紹介できますので、ご安心ください。

運用更新

ISOをうまく利用できていないのでアドバイスがほしい
トップマネジメントがISOを経営や業務改善のツールとして利用しようという意思表明をすることが前提です。どの部門にどんな成果を上げて欲しいのかを目標にし、達成していくように利用することが第一歩です。トップがISOの活用を表明してうまくいかない場合は、ISOのシステムが会社にマッチしていない可能性が高いので、システムを実際業務とマッチングさせる必要があります。ISOコムのスリム化診断を受けられると明確になります。