無料でご相談 「合格保証」不合格は紺サル費用全額返金

成功導入事例

ISO9001はハードルが高いと思っていたが、意外にそうでもないことがわかって、大変感謝しています

UTエイム株式会社 テストソリューションセクション 丸山様、都田様、矢野様、小池様

――― 今回のコンサルティングはいかがでしたでしょうか。
都田様:製品や製造したものを主眼とした時期が長く、考え方が凝り固まっている弊社内の方々に対する説明を含めた対応がすばらしかった。最初は手探り感があったが、その方々の知識やバックグランドを上手くくみ取りつつ、仕組みに反映できたと思う。
各種事情も教えていただいたり、議論を通じて教えていただけたことも非常によかった。
onlineでのミーティング、いろんなシステムに追従することについて、より対応されていると良いと思いました。
onlineツールの使い方やスキル、画面共有をスムーズに行う等。

丸山様:ISO9001をとるときにコンサルティングを探しましょうということで、数社やりとりしました。
ISO9001は壁が高いイメージが合った。コンサル会社は各社色んなカラーがあり、自分たちでやってサポートを受けることを考えていた。
コンサルさんがISO9001の審査員をやっていることがわかった。
ISOコムは特殊で、他の会社とは違うことが分かった。
また、コンサルさんはかなり忙しそうで、メールが夜中にきたりとか、メールの返信が翌日の日中を期待していても、翌日の夜とかになるのが気になった。その辺りがタイムリーにやりとりできると良いと思う。コンサルをお願いしている立場からとすると改善できるとよい。
コンサルさん個人に対しては、親切にしていただいて感謝しています。全然問題ないと思います。

小池様:ISO9001っていうと昔のイメージで決められたところがあると思っていたが、それぞれ実態に合わせて融合させていってもらい、基の業務からの追加部分も少なかった。
ハードルが高いイメージがあったが、意外にそうでもないことがわかって、大変感謝しています。
コロナ禍で、リモートも上手く活用してサポートしていただいてありがとうございます。

矢野様:ISOコムさんにはお世話になって、何でも教えてくれたのでやりやすかった。結構専門用語が多かったので、リスク機会とか、優しく教えてくれたのでありがたかったです。

――― 当初の課題については、解決できましたでしょうか。 或いは今後、解決できる見込みはたちましたでしょうか。
当初の課題は、①拡販 ②顧客要求 ③社内の業務の仕組み化

丸山様:取れたのが先日なので、社内の仕組み化はしてきたので社内の認識ができたと思う。
顧客へのアピールはこれから。半導体の自動車関係に関わる業務なので、ISO9001がないと始まらない認識がある。
仕組み化を末端の方々まで認識してもらっているかはまだ。
業務のやり方のルールと品質マニュアルの関係が皆さんの業務としてのイコールとして認識が課題。

都田様:主要なお客様からは、ISO9001 の要求を頂いている。顧客への報告はこれからする。アピールポイントとして使っていけたらと思います。

矢野様:ISO9001が求めていること、この設計業務が妥当性確認で検証っていうと現場作業の方は分からなくなる。
記録の作成日付があっているかを審査員がしっかり見ているのでそこの重要性を伝えていきたい。
――― 今後、弊社の継続支援を要望されますでしょうか。 その場合、どのような支援を望まれますか。
丸山様:現在、内部監査員10名くらい認定しているが、まだ十分ISO9001の理解ができていない、監査をするにはまだ壁が高いと思っているので、サポートいただこうかなと思っている。
――― その他、ご意見ご感想があれば何でもお願いします。
都田様:非常にコンサルさんが売れっ子だということがわかりました。コンサルさんの対応がすごかったというのが率直な感想です。また、内部監査でも多く発言、助言して頂けた方が良かった。いかにビジネスに活かしていくかが、我々の課題。ISO9001は、業務ルールを守りビジネスに結び付けて、というのが、大切。現場の意識をいかに導くかも課題。今後業務内容が広がる方向で、ソフトウエア開発を数年の内にISO9001範囲に入れていくことを考えている。それに関するルール作りが必要になる。
――― 今回のコンサルティングは、10点満点で何点いただけますでしょうか。
丸山様:7点(もっと厳しく言って欲しかった) 都田様:8点(7点から8.5点の間) 小池様:9点 矢野様:9点
ISOコム担当者のコメント
忌憚のないご意見を沢山いただき、誠にありがとうございます。
弊社コンサルタントは、コンサルに加え、審査もしており、日中、コンサルや審査の現場で業務をこなすため、ご連絡の返信が夜中になることが多くございます。
この辺りは、弊社全体で検討課題として取り組んで参ります。
更に、内部監査の際に、もっと厳しく言って欲しかったとのご意見につきましては、今後、内部監査前の打合せ時等で、監査方法についてお客様のご意見を伺うことを仕組みに取り入れたいと思います。
仕組み化を末端の方々まで認識してもらっているかはまだとのこと、こちらは、ISO9001認証時に全員が認識できていることが理想ではありますが、ルールを運用開始してから数ヶ月で審査を受け、合格となるケースがほとんどであるため、全員への浸透は、これから運用していく上での課題となります。
現場作業とISO9001の仕組みをできる限りイコールになるよう構築はしておりますが、作業をルールに合わせていただく部分と、より現場に即したルールに変更していく部分を合わせて、作業とISOのギャップを埋めていっていただきたいと思います。
Onlineツールを使用する際に、もたつきがあったとのこと、社内で、定期的な確認をするなど、スキルの定着度合いの確認、指導をして参ります。
また、種々、お褒めの言葉もありがとうございます。こちらは継続していきます。
今後の内部監査員の方々のスキルアップをご要望とのこと、弊社では、皆様が監査をする様子を見て都度助言、指導をし、弊社コンサルが監査をやってみせて学んでいただく、ゴルフのラウンドレッスンのようなご支援もありますので、是非ご検討下さい。
https://isocom.co.jp/service/training.html
それでは、御社がISO9001をツールとしてお使いいただき、経営改善、お客様へのより高い満足度の向上につながる成果を上げていただくこと心より祈念しております。

ISOコム株式会社 お気軽に今すぐご連絡ください!

ISOの認証取得・更新・スリム化の支援はお任せ下さい!

お客さまの声・事例

今すぐ無料でお問合わせ&ご相談

ISOの取得・スリム化・お見積についてご相談ください。担当者がすぐにご連絡します。
お急ぎの方はお電話(0120-549-330)でも承っております。

貴社名
お名前必須  お名前を入力してください。
住所 
メールアドレス   半角英数字
電話番号必須  電話番号を入力してください。   半角数字 (例) 03-1234-5678
お問い合わせ内容 

当社の個人情報のお取り扱い方法に同意いただける場合は「確認する」ボタンを押してください。