無料でご相談 「合格保証」不合格は紺サル費用全額返金

ISOコム通信

ISOの審査員になる方法

2019年12月2日

 

みなさん、こんにちは。ISOコム通信を見ていただきありがとうございます。

ISOコム マネジメントコンサルタントの亀岡尊乃美です。

 

最近、何度か、ISO審査の現場で被審査側の方に聞かれました。

相手方「審査員って楽しいですか?」

私「楽しくやらせてもらっています」

相手方「どうやったら審査員になれますか?」

私「・・・話が長くなりますが?」

今回は、ISOの審査員になる方法について、お話しします。

 

ISOコム株式会社 お気軽に今すぐご連絡ください!

ISOの認証取得・更新・スリム化の支援はお任せ下さい!

ISO審査員になるための前提とは?

さて、ISO審査員になるためには、いくつかの条件があります。

・規定以上の学力

・4年以上の実務経験

・2年以上の品質マネジメントシステム分野の実務経験

・研修コース合格修了

・審査員倫理綱領の遵守

それぞれの詳細や最新の情報は、審査員登録機関のサイトなどで必ず確認をお願いします。

また、審査員登録機関はJRCAを想定してご説明します。

 

必要となる実務経験とは?

まずは、高等学校卒業以上の学力のほか、実務経験をお持ちになることが大前提になります。

一般的な、簡単な言葉で言うと、4年以上の実務経験とは、社会人としての常勤の経験のことです。

2年以上の品質マネジメントシステム分野の実務経験とは、例えば品質保証部門の経験や、内部監査員、事務局などのISO運用に関わる経験のことです。

ISO審査員になる方法にご興味のある方は、何らかのお立場でISOの運用に携わられている方だと思います。

私もそうでした。

当時、企画部門に所属しており、その中の1つのプロジェクトとしてISO認証取得を命じられました。

ISOとの出会いは、事務局として立ち上げ、構築から運用まで関わってきたことがきっかけでした。

これまでの皆さんのご経験を携えて、ISO審査員への条件を見ていきましょう。

 

ISO審査員になるとは?

ISO審査員になるとは、まずはISO審査員の資格を取得することであり、それは審査員登録機関に審査員登録を行うこと、そして実際に審査員として活躍することを目指していると思います。

ISO審査員の資格は経験などによって、次の段階があります。

審査員補

審査員

主任審査員

審査員登録機関には、JRCA、IRCAがあります。

ここではJRCAを想定して記載します。

 

ISO審査員の研修コースとは?

審査員登録機関が承認した品質マネジメントシステム審査員研修コースを受講し、合格修了することが第1の要件となります。

この研修は5日間コースで、ISO規格、審査の手順、是正の仕方、報告書の書き方などを課題も含めて学びます。

最終日にはJRCAの試験があり、これに合格することが必須になります。

研修コースの日程や詳細については、これらの研修コースを提供する会社のサイトなどをご確認ください。

試験には記述問題があります。

私の受験時には、ボールペンを使うことを勧められました。

限られた時間内でたくさんの回答をするためには、鉛筆で書いて、消しゴムで消して、体裁を整えて・・・としている時間はありません。

とにかく書いていくことです。

頑張ってください!

 

JRCAへの登録とは?

合格、おめでとうございます!

晴れて審査員登録機関へ登録申請をすることができます。

ISO審査員になるための条件であった、学歴、実務経験、品質マネジメント分野での実務経験、審査員倫理綱領の遵守などの資料と合わせて、登録申請を行います。

登録が認められますと、「品質マネジメントシステム審査員補」の資格を得ることができます。

さあ、これがISO審査員になるための第一歩、ISO審査員の資格を得ることができました。

 

審査員資格の維持とは?

ISO審査員の資格は、1度、資格を取得すればずっと認められるものではないのです。

審査員登録機関の決まりにより、登録料のほか、規定のCPD提出等が求められます。

CPDとはContinuing Professional Developmentの略で、継続的能力開発を言います。

継続的に能力開発へ取り組み、それを証明することで、資格の維持ができます。

例えば、品質マネジメントシステム審査員補であれば、年間5時間以上のCPD提出が必要です。

私は主任審査員ですが、年間15時間以上の能力開発のための研鑽を行っています。

次に記載の認証機関の学習会や、研修機関のCPDコース、審査員登録機関のセミナー、その他各種団体開催の勉強会などに参加しています。

そのような講習会に参加することで、ISO審査員の友人もできました。

審査技術、知識の獲得にもつながっています。

どこかの会場でお会いできるかもしれませんね?

 

ISO審査員としての活動とは?

さあ、ISO審査員として活動するぞ!と意気込んでいるあなた。

ISO審査員の資格を取得、登録しただけでは、審査活動はできません。

一般的には、ISO認証機関へ入社または契約し、認証機関のISO審査員として審査活動を行うことになります。

認証機関との契約の後、その認証機関において、トレーニングを受け、審査へオブザーバ参加が叶います。

その後、審査チームのメンバーとして審査へ参加し、ISO審査員として審査経験を重ねていきます。

その中で、審査員補から審査員、主任審査員へと昇格できます。

資格の昇格は、審査員登録機関への申請が必要となります。

ISO認証機関での社内資格としての昇格もあります。

皆さんがISO審査員となって、ご活躍されることを期待します。

 

「審査員って楽しいですか?」

はい、楽しいです。

楽しく活動するようにしています。

お仕事ですので、大変なこともあります。

専門性を認められた業界分野であっても難しいです。

審査で数時間だけ見せていただく中で、魔法のような発見ができるわけではありません。

それでも、ISO審査員として、ISOのプロとして、いろんな方とお話をし、現場を歩き、ともに考えることで、少しでも改善につながれば、うれしいと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

私どもは、ISOの審査員として現役で活躍している者が審査の経験を踏まえて、あなたの会社のサポートをしております。

 

ISO構築、運用、スリム化等、ご興味のある方は今すぐこちらまでご相談を!

フリーダイヤル 0120-549-330

 

 

今すぐ無料でお問合わせ&ご相談

ISOの取得・スリム化・お見積についてご相談ください。担当者がすぐにご連絡します。
お急ぎの方はお電話(0120-549-330)でも承っております。

貴社名
お名前必須  お名前を入力してください。
住所 
メールアドレス   半角英数字
電話番号必須  電話番号を入力してください。   半角数字 (例) 03-1234-5678
お問い合わせ内容 

当社の個人情報のお取り扱い方法に同意いただける場合は「確認する」ボタンを押してください。