無料でご相談 「合格保証」不合格は紺サル費用全額返金

ISOコム通信

経営者へ内部監査を行う場合のポイントについて トップマネジメントインタビュー

2017年4月3日

【この記事の執筆者】芝田有輝

経営者インタビュー イメージ

 

経営者・経営層に対する監査では、内部監査員は、何に注意すべきなのでしょうか。

 

ISOコム株式会社 お気軽に今すぐご連絡ください!

ISOの認証取得・更新・スリム化の支援はお任せ下さい!

重要なポイントは次の3つです。

①誰に監査を行うか。

②どのように行うか。

③何を持って適合とするか。

 

今回は、経営層が特に強く関係する4~6章に限定してお話しします。

 

①について
4章、5章、6章は、経営層に関わる条項です。
これまでは、社長等への監査や場合によっては管理責任者に対して質問していたと思いますが、今回の規格では、管理責任者の設定要求はなくなりましたので、できれば経営層自身に監査することが望まれます。

管理責任者がおられれば管理責任者でもかまわないですが、できるだけ経営層に対して行うことをお薦めします。審査機関によっては、指摘対象となる場合があります。

 

②について
外部内部の課題と、背景とする情報源、利害関係者のニーズ及び期待 を決定し、リスク及び機会を決定し、対応計画を立て、実行し、レビュー(監視)し、有効性評価(効果が出ているかの確認)を行っているか。
4.1項、4.2項、6.1項をまとめると上記のようになります。
この一連の活動ができているかをまとめて確認すると、監査はスムーズに流れると思います。各項目を一つ一つ確認するのもいいですが、関連付けができないので、監査の有効性の観点からはお薦めしません。

 

③について
規格9.2 内部監査では、以下を要求しています。

a) 次の事項に適合している。
1) 品質マネジメントシステムに関して,組織自体が規定した要求事項
2) この規格の要求事項
b) 有効に実施され,維持されている。
つまり、マネジメントマニュアルを初めとする組織の決めたルール、ISO規格要求を守っているか、とb)で言われている「有効に実施され、維持されているか」。つまり、成果が上がっているか、成果が上がる仕組みになっているか、です。

4~6章を監査する場合、決定した外部内部課題、利害関係者のニーズや期待に対して決定したリスク及び機会に対して、計画を立て、実行しているか、有効性を評価しているかについては、これが実施されているかを確認する必要があり、更に、「成果を上げているか」も合わせて確認する必要があります。

当初課題として掲げ、対応しないとリスクとなる要素を、対応計画通りに実行していても結果が思わしくない場合に、計画変更を行っているかとか、そもそもの課題が変化しているのに、対応計画を変更せずにそのまま実行していたりしないか。

この辺りが対応できているかが、「有効に実施され、維持されているか」という規格要求への合致になると思います。

 

上記の例のように、もはやISOの要求がどうこう、というより会社として、課題に確実に対応して成果を出しているか?という事業継続上の問題となってくることがご理解いただけるかと思います。

 

この辺りを内部監査でチェックできるようになり、改善に展開していくことが出来ると、今回のISO9001やISO14001の2015年度版改正の主旨、目的に合致した、有効な内部監査になると思います。

 

まとめ

経営者へ内部監査がしっかり出来ないと、会社の課題を正しく掲げて取り組んで、上手くいっているか、あやふやなままになって、気づけば経営自体が上手くいかなくなってしまうかも知れません。

 

ISOコムのコンサルタントは、あなたに変わって経営者に内部監査をします。その様子を見ていただき、やり方を聞いてもらえれば、近い将来あなたも経営者に正しく監査ができるようになります。

 

ISO取得のご依頼はこちらまで今すぐご相談を!

フリーダーヤル:0120-549-330

 

内部監査員のことでお困りの方、当社で内部監査員養成講座を行っています!

ISOの内部監査員養成講座はこちら

 

ISO9001の認証取得支援・運用更新代行

この記事を読んでISO9001の取得を検討してみようと考えている企業のご担当者様、ぜひご連絡ください!弊社でISO9001認証取得やその後の更新作業のコンサルティングをお手伝いしております。

当社のコンサルタントがISO9001について詳しくご説明しています。

・ISO9001とは何か

・ISO9001取得の目的とメリット

・ISO9001:2015年度版のポイント

・ISO9001認証取得コンサルティング

今すぐ無料でお問合わせ&ご相談

ISOの取得・スリム化・お見積についてご相談ください。担当者がすぐにご連絡します。
お急ぎの方はお電話(0120-549-330)でも承っております。

貴社名
お名前必須  お名前を入力してください。
住所 
メールアドレス   半角英数字
電話番号必須  電話番号を入力してください。   半角数字 (例) 03-1234-5678
お問い合わせ内容 

当社の個人情報のお取り扱い方法に同意いただける場合は「確認する」ボタンを押してください。