無料でご相談 「合格保証」不合格は紺サル費用全額返金

ISOコム通信

ISO9001を取得しない、更新をやめた企業の理由とは。ISO離れを考える

2018年7月19日

ISO9001セミナーの様子

こんにちは、ISOコム マネジメントコンサルタントの柏木 博です。

 

本日はISO9001離れの理由についてお話します。

なぜISO9001を取得しない、または更新をやめた企業が増えているのでしょうか。

ISOが必要ないとか役に立たないと考える企業ではISOが形骸化している問題がありそうです。

コンサルタントの視点からはISOは絶対取得した方がいいと言えるので、その点もご説明しますね。

 

ISOコム株式会社 お気軽に今すぐご連絡ください!

ISOの認証取得・更新・スリム化の支援はお任せ下さい!

ISO9001のやらされ感から脱却しましょう!

ISO9001規格は、本質的には“品質保証能力を実証する仕組み”“顧客満足を向上する仕組み”を構築するために必要な要素が記載されています。

このような本質に目を向け、これらの要素を自分たちにあった形で取り込むことが出来ると、ISO9001は会社の運営に非常に役立つ仕組みとなります。

 

しかしながら、

ISO9001規格の本質を理解しないまま、あるいは外部から要求されるままに取組んでいると、企業経営に役立たないこと、大変でムダなことをやらされることになってしまいます。

 

ISO9001を取得しない企業の理由は簡単です。

ISO9001がどのように役立つかがわかりにくいからです。

 

従って、客先などからISO9001取得の要求がないときには、ISO9001を取得することがありません。

まれに、新しい物好きの社長が外部からの要請もないのに“はやっている”という理由だけで興味を持ち、あるいは誰かに吹き込まれてISO9001を取得したという事例があります。

 

しかし、自分でISO9001を勉強して、そのメリットを生かすために認証を取得したという例は稀です。

一般的には外圧がない限り、自発的にISO9001を取得することは多くはないというのが現状です。

 

逆に言えば、ISO9001を取得した会社のほとんどは、外圧、即ち、顧客からの要請や、競合会社が認証取得したことを契機としたケースです。

このため、ISO9001を会社の仕組みつくりに有効に利用するところまで昇華しているケースは少なく、外部からの要求がなければ継続する必然性がないようです。

 

このように、多くの会社は外圧によってISO9001を取得しています。

そのためせっかく大変な作業で取得したISOをやめるという判断をする企業があると考えられます。

 

ただし、ISO9001を取得した後ISO9001を勉強し、その利点を生かした運用により会社を強くした事例はとてもよく聞きます。

これは、コンサルや審査を通じて実感するところです。

 

ISO9001規格の要求の中で、文書、記録、内部監査、品質目標等々、それまでの仕事にはほとんどなかった仕組みに、その本質的な目的を理解しないまま取組めば“やらされ感”だけで取組むことになってしまいます。

 

特に、昔の(1994年版)頃は、審査面で“手順の文書化”“記録の作成”についてその本質を超えた要求が強く、今となっては無駄な文書、記録が多く作成されていました。

 

この頃にISO9001に取り組まれた企業様は、

”何故こんな大変な文書を作らなければならないのか、こんな記録を作らないといけないのか”

と、“やらされ感”が満載であったと思われます。

 

このため、ISO9001とは面倒な“手順や基準を作るもの”“やたらと記録を作るもの”であると誤解されている面がありました。

せっかくISO9001の認証を取得するチャンスに出会えたのであれば、自分たちの合った形で運用することにより、ISO9001を運用するメリットを十分に生かしたいものです。

 

事業に役に立つ“自分たちにあった形”とはどのようなことか。

例えば、内部コミュニケーションを取り上げてみます。

 

10人程度の会社で、全員が1フロアで仕事をしている会社では、目の端、耳の片隅に全員の情報が入ってきます。

このような会社では情報の共有化は容易であり、朝礼、夕礼、メモなどで十分なコミュニケーションが図れます。

 

一方、何千人、何万人規模の会社で、支店、営業がいくつもあるような会社では、必要な情報が必要な部門に確実に届くようなしっかりとしたコミュニケーションの仕組みが必要となります。

 

最近は、インターネット環境の普及、データ・ベース化などによりかなり情報の共有化が容易になってきましたが、それでも意思決定のための会議体の運営等が必要になるでしょう。

このように、会社規模、あるいは事業内容等により、規格の要求への対応が当然に異なってきます。

 

自分たちに合った仕組みを作り上げて初めて役に立つ仕組みとなり、ISO9001による余分な仕事はなくなります。

このことを理解したうえでISO9001に取組んでいけば、必ず役に立つ仕組みつくりが出来上がります。

“やらされ感”から脱却し、是非、前向きに取組んでみてください。

 

まとめ

ISO9001を取得しないも、更新しないのも、皆さんの自由です。

ただ、ISOは使いようなので会社をよくするチャンスを逃しているかもしれません。

今一度、「自社にあったやりやすい仕組み」にするため文書やマニュアルを簡素化しスリムにしてみませんか?

 

ISOコムのコンサルタントは、あなたの会社の業務を理解して、わかりやすくて使いやすいスリムな仕組みに生まれ変わらせます。

ISO取得のご依頼はこちらまで今すぐご相談を!

フリーダーヤル:0120-549-330

 

ISO9001の認証取得支援・運用更新代行

この記事を読んでISO9001の取得を検討してみようと考えている企業のご担当者様、ぜひご連絡ください!弊社でISO9001認証取得やその後の更新作業のコンサルティングをお手伝いしております。

 

当社のコンサルタントがISO9001について詳しくご説明しています。

・ISO9001とは何か

・ISO9001取得の目的とメリット

・ISO9001:2015年度版のポイント

・ISO9001認証取得コンサルティング

今すぐ無料でお問合わせ&ご相談

ISOの取得・スリム化・お見積についてご相談ください。担当者がすぐにご連絡します。
お急ぎの方はお電話(0120-549-330)でも承っております。

貴社名
お名前必須  お名前を入力してください。
住所 
メールアドレス   半角英数字
電話番号必須  電話番号を入力してください。   半角数字 (例) 03-1234-5678
お問い合わせ内容 

当社の個人情報のお取り扱い方法に同意いただける場合は「確認する」ボタンを押してください。