無料でご相談 「合格保証」不合格は紺サル費用全額返金

ISOコム通信

FSSC22000の改正のポイント

2023年1月10日


皆さん、こんにちは。ISOコムです。
ISOコム通信をご覧いただきましてありがとうございます。
今回はFSSC22000の改正のポイントをお話しします。

ISOコム株式会社 お気軽に今すぐご連絡ください!

ISOの認証取得・更新・スリム化の支援はお任せ下さい!

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 神戸
  • 福岡

会社案内ダウンロード

FSSC22000の改正とは?

FSSC22000とは、以前のブログでお話しをしましたが、Food Safety System Certification 22000の略です。
直訳すると「食品安全システム認証」となり、安全な食べ物(動物の飼料やペットフード、食品を入れる包装容器なども含みます)を製造するための仕組み作りの認証です。
FSSC22000の認証を得るために必要となる要求事項は、3つのパートで構成されています。

(1)ISO22000:2018 食品安全マネジメントシステム要求事項
(2)前提条件プログラムに対する技術仕様書
(3)FSSC追加要求事項

これらのうち(1)のISO22000はそれほど頻繁に改正されていません。

一般的にはISO規格は5年~10年程度で見直しがあるのですが、ISO22000は最初にできたのが2005年で、
2018年に最初の見直しがあった以降は改正がありませんので、最初に改正するのに13年間かかっています。
次回の改正についてもまだ正式に発表されていません。

次に、(2)の前提条件プログラムに対する技術仕様書は、認証を取ろうとする会社が
やっておかなければならない日常的な衛生管理項目で、

工場の立地環境や工場内の施工などのハード面と、働く従業員さんの健康管理や工場内の
清掃などのソフト面の両方から清潔な作業環境を整えることが要求されています。

この技術仕様書は、取り扱う製品や行っている業務の種類ごとに作られていて、以下のものが作成されています。

ISO/TS22002シリーズ
ISO/TS22002-1(食品製造)
ISO/TS22002-2(ケータリング)
ISO/TS22002-3(農業)
ISO/TS22002-4(食品容器包装の製造)
ISO/TS22002-5(転送・保管)
ISO/TS22002-6(飼料及び動物用の食品の製造)

食品製造であれば、ISO/TS22002-1というものが当てはまりますので、
これに書かれている要求事項に従って工場の構造や状況をチェックし、
衛生管理のルールが作られ、守られているかをチェックしなければならないんです。

ISO/TS22002シリーズの最新版は一番近くに改正されたISO/TS22002-5が2019年版ですが、
ISO/TS22002-1は2009年版が最新となっていて、10年以上改正が行われていません。

(3)のFSSC追加要求事項は、改正が頻繁に行われ、2022年12月時点での最新版はVersion5.1です。
1つ前のVersion5は2019年の6月に発行され、Version5.1は2020年の11月に発行されているので、
(1)と(2)と比べると、改正が頻繁に行われているのが分かりますね。

FSSC22000に対するBOS決定リストとは?

FSSC22000の要求事項は、運営するFSSC財団のステークホルダー委員会(BOS:Board of Stakeholders)
という組織によって発行される決定リストによって変更や修正が行われます。

FSSC22000のVersion5に対するBOSの決定リストは2020年2月と2022年9月に決定されていて、
2020年2月には、食品包装製造向けのISO/TS22002-4での在庫ローテーションシステムについての要求が
「should」から「shall」に置き換えられています。

より確実に要求事項を実施する必要がある場合、BOS決定リストで補う形で、要求事項の必要性を改正しているんです。

また、2022年9月には、環境モニタリングの要求事項に対して、
微生物による汚染やアレルゲンの交差接触(製品に含まれないはずのアレルゲンが混ざってしまうこと)を
予防するための日々の衛生管理が適切に行われているかの評価について変更がありました。

元々、Version5.1では、評価手順に「最低でも,実際の微生物及びアレルゲン管理手段の評価」を
含めることとなっていたんですが、

アレルゲン管理は他の要求事項でも要求があったので、アレルゲンの表現が削除になりました。
このように、重複をしている箇所は削除をするなど、無駄を省くような改正も行われているんですね。

先ほどもお話ししたように、ISO22000の規格要求事項の改正は頻繁に行われませんので、
FSSC22000では、BOSの決定リストの発行や追加要求事項の改正を行うことによって、
世の中で起こっている食品安全に対する問題に対して早く対応できるようにしているんです。

これらのことを受けて、FSSC22000の認証スキームはVersion6が発行される予定です。
Version6は、2023年4月に枠組みが発表される予定で、2024年4月から適用される予定となっています。

改正の内容は、2022年に改正されたISO規格で、ISO22003というのがあり、それに基づいた改正が行われます。
ISO22003は「食品安全マネジメントシステムの審査及び認証を行う機関に対する要求事項」
というタイトルで、認証を取る時に受ける審査をする側の審査機関に対する要求事項が書かれたISO規格です。

ですので、認証を取る会社側での特別な対応は要らないと言われていますが、
詳しくはVersion6が発行された時に、中身をよく確認して、
自社での対応が必要かどうかを確認しておきたいですね。

今日はFSSC22000の改正についてお話ししました。

FSSC22000は改正が頻繁に行われているため、自社の仕組みがきちんとそれに対応できているかを確認しておかなければいけません。
そうでないと、審査で合格できないだけでなく、仕組みに不備があることに気付かず、
食品事故や自主回収などを引き起こしてしまうかも知れません。

ISOコムでは、経験豊富なコンサルタントが、最新の情報に基づいて、審査に合格するだけでなく、
世の中の状況もマッチし、皆さんの会社にぴったりな仕組み作りをサポートしますので、安心してお任せください。

ご興味がある方は、『お問い合わせフォーム』から、今すぐご相談ください。

 

*ISOコム株式会社お問合せ窓口* 0120-549-330

当社ISOコム株式会社は各種ISOの新規取得や更新の際のサポートを行っているコンサルタント会社です。

ベテランのコンサルタントが親切丁寧にサポートしますので、気になる方はぜひご連絡下さい。

今すぐ無料でお問合わせ&ご相談

ISOの取得・スリム化・お見積についてご相談ください。担当者がすぐにご連絡します。
お急ぎの方はお電話(0120-549-330)でも承っております。

貴社名
お名前必須  お名前を入力してください。
住所 
メールアドレス   半角英数字
電話番号必須  電話番号を入力してください。   半角数字 (例) 03-1234-5678
お問い合わせ内容 

当社の個人情報のお取り扱い方法に同意いただける場合は「確認する」ボタンを押してください。