無料でご相談 「合格保証」不合格は紺サル費用全額返金

ISOコム通信

解説「計画」リスク及び機会への取り組み ISO22000 2018年度版改訂

投稿日:2018年10月18日  最終更新日:2024年7月11日

risk

みなさん、こんにちは!ISOコムです。

今日は、ISO22000の2018年度版改訂の【計画】についてご説明します。

 

ISOコム株式会社 お気軽に今すぐご連絡ください!

ISOの認証取得・更新・スリム化の支援はお任せ下さい!

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 神戸
  • 福岡

会社案内ダウンロード

6.1 リスクと機会への取り組みとは?

6.1.1 FSMSを計画する際、組織は内部・外部の課題と利害関係者のニーズと期待を考慮し、

以下のために取り組むべき対応を決めておく

 

a) FSMSが、狙い通りの結果を達成できるという確信を与える

b) 望ましい影響(機会)を増大する

  1. c) 望ましくない影響(リスク)を防止、低減する
  2. d) 継続的改善を達成する(PDCAを回す)

 

【理解のポイント!】

・リスクと機会という概念は旧版になく、今回追加された。

・FSMSの予防処置的概念は、FSMS全体を通して、リスクに基づく考え方Risk Based Thinking)を採用することで示される。

 

6.1.2 次の事項を計画する。

a) 6.1.1で決めたリスクと機会への取り組み

b) 次の事項の実施方法

1)その取り組みとFSMSプロセスとの統合、実行

2)実行した取り組みの有効性判断、評価

 

6.1.3 リスクと機会に取り組む際は、次と整合すること。

a) 食品安全要求事項への影響

b) 提供する食品とサービスの適合性

C) フードチェーン内の利害関係者の要求事項

 

【理解のポイント】

⇒リスクに基づく考え方(Risk Based Thinking)を根底に置いてFSMS計画(PDCAのP)を実施する。

 

6.2 FSMSの目標及びそれを達成するための計画策定とは?

6.2.1 組織は、各部門、機能、階層においてFSMSの目標を立てること。

その際は次の6項目を満たすこと

①食品安全方針との整合、②測定可能、③食品安全要求事項を考慮(法令、規制、ニーズを含む)、④モニタリングと検証、⑤伝達、⑥必要に応じた維持、更新

 

6.2.2 FSMSの目標をどう達成させるか計画するときに、以下を考慮する。

①実施事項、②必要な資源、③責任者、④完了時期、⑤結果の評価方法

 

6.2.3 FSMSへの変更の必要性が生じた場合、計画的に変更し、伝達しなければならない。次を考慮すること。

①変更目的と得られる結果、②FSMSの完全性の継続、③変更に効果的な資源の利用可能性、④責任と権限の再分掌

 

【理解のポイント】

⇒目標を設定し、責任者を決め、達成手段を考え、変更が生じた場合の対処方法を決めておくこと、と規定されている。

 

その他、ISO22000改訂のポイントはこちらをご覧ください。

 

本日の解説はいかがでしたか?

ISO22000の改訂については、弊社のコンサルタントがサポートしております。

 

正直なところ、余裕のある会社ならISOの新規取得や更新は自社でもできます。

 

ただ、弊社のようなコンサルタントを入れた方が、無駄な作業に社員が関わらなくなるため、

長い目で見ると結果的に安く済みます。

 

社員の皆さんは、本来の事業に注力できるため、売り上げ増につながるのです。

これは間違いありません。

 

また、当社のコンサルタントであれば、皆さまの事業に活用できるISOに作り変えるため、

経営改善にも役立つはず。

 

気になる方は、ぜひご連絡ください!

 

ISO取得のご依頼は今すぐお問合せフォームからご相談を!

*ISOコム株式会社お問合せ窓口* 0120-549-330

 

当社ISOコム株式会社は各種ISOの新規取得や更新の際のサポートを行っているコンサルタント会社です。

ベテランのコンサルタントが親切丁寧にサポートしますので、気になる方はぜひご連絡下さい。

今すぐ無料でお問合わせ&ご相談

ISOの取得・スリム化・お見積についてご相談ください。担当者がすぐにご連絡します。
お急ぎの方はお電話(0120-549-330)でも承っております。

貴社名
お名前必須  お名前を入力してください。
住所 
メールアドレス   半角英数字
電話番号必須  電話番号を入力してください。   半角数字 (例) 03-1234-5678
お問い合わせ内容 

当社の個人情報のお取り扱い方法に同意いただける場合は「確認する」ボタンを押してください。