無料でご相談 「合格保証」不合格は紺サル費用全額返金

ISOコム通信

第7回 ISO14001解説 化学物質640品目の対応について

2018年2月13日

こんにちは。ISOコム マネジメントコンサルタントの亀田 昭子です。

このブログにアクセスしていただき、ありがとうございます。

 

今回のブログからISO14001:2015年度版改正(改訂)8.1項「運用の計画及び管理」の活動について

考えていきたいと思いますが、今回は、化学物質に対する労働安全衛生法について考えます。

 

皆様が環境ISOの認証準備を行っているとき、環境関連の法規制として労働安全衛生法を考慮している

でしょうか?

 

労働安全マネジメントシステムのOHSAS 18001:2007ではないので、

労働安全衛生法は関係ないとおっしゃる皆様もいらっしゃるかもしれませんが、

ISO14001でも労働安全衛生法の対応を考える必要があります。

また労働安全衛生法は、ISO9001でも7.1.4項の環境として新規に追加された心的な環境を考えるにあたり、

ストレスチェック等考慮する必要があります。

 

今回のブログでは、化学物質640品目を皆様の会社で使用しているかどうか、

また使用している場合は、その表示がきちんと見えるようになっているか、

また、リスクアセスメントを行っているか等の要求があることについて、考えていきたいと思います。

 

この内容は、化学物質による健康被害など労働者の安全と健康の確保を充実するために公布されたそうで、

平成28年6月よりリスクアセスメントが義務化されています。

法律上の実施義務としては、全ての場合が実施義務となるのではなく、対象の化学物質を原材料として

新規採用や変更、対象物を製造、取り扱う業務の作業方法の新規採用、変更した場合に

リスクアセスメントが必要となります。

 

先日、私のお客様がISO14001:2015版の審査を受けた時、現場ツアーで有害物質の表示について

コメントをいただいていました。

640品目の化学物質について、労働安全衛生法に基づいた対応をされていますが、

ちょうど表示(GHSマーク)が見にくかったようです。

また、私が同席した審査においても化学物質の取扱い、表示については、審査員の方がかなり気にされて

いましたので、今後審査を受けられる皆様も注意して対応されるといいと思います。

 

ところで、

労働安全衛生法では、一定の危険有害性のある化学物質(640物質)について、

1.事業場におけるリスクアセスメントが義務づけられました。

(先ほど記載したように対象物を新規・変更採用や新規・変更使用の場合になります)

2.譲渡提供時に容器などへのラベル表示が義務づけられました。

対象は、業種、事業場規模にかかわらず、対象となる化学物質の製造・取扱いを行う

すべての事業場が対象となります。

 

そのため、まず皆様の会社で、GHSマーク(絵表示)が表示されている化学物質を使っているか

確認していただき、使用している場合は、SDS(安全データシート)を確認しましょう。

SDS交付義務のある化学物質640品目を使用している場合、リスクアセスメントを実施する必要があります。

リスクアセスメントとは、化学物質やその製剤の持つ危険性や有害性を特定し、それによる労働者への

危険または健康障害を生じる恐れの程度を見積もり、リスクの低減対策を検討することをいいます。

 

まずは、化学物質640品目の使用調査から始めてみるのがいいと思います。

また、皆様の協力会社に業務をお願いしている場合は、ISO14001:2015版の8.1項では、

外部提供者に対する伝達も要求されていますので、その会社の使用状況も含めて確認してみてください。

 

皆様が、作業者への安全配慮をどう考えるかを考慮していただき、リスクアセスメントの実施を

検討されたらいかがでしょうか?

詳細は、労働安全衛生法、化学物質640品目などでインターネット検索していただくと

わかりやすい説明や化学物質リスク簡易評価法などがありますので、確認してみるといいと思います。

 

次回は、ISO14001:2015年度版改正(改訂)8.1項「運用の計画及び管理」の要求事項の対応について

考えていきたいと思います。

 

今回の記事はいかがでした?

ISO14001の認証取得や更新審査対応は、ぜひ当社のコンサルタントにお任せください!

 

【ISO14001に関する過去記事】

4.1項「組織及びその状況の理解」、4.2項「利害関係者のニーズと期待の理解」、6.1項「リスク及び機会の取組み」について(その1)

4.1項「組織及びその状況の理解」の「内部及び外部の課題」について(その2)

4.2項「利害関係者のニーズと期待の理解」について(その3)

要求事項6.1.2項「環境側面」について

要求事項6.1.3項「順守義務」について

要求事項8.1.2項「緊急事態」について

改正(改訂)で使われている用語について

化学物質640品目の対応について

8.1項 運用の計画及び管理について

今すぐ無料でお問合わせ&ご相談

ISOの取得・スリム化・お見積についてご相談ください。担当者がすぐにご連絡します。
お急ぎの方はお電話(0120-549-330)でも承っております。

貴社名
お名前必須  お名前を入力してください。
住所 
メールアドレス   半角英数字
電話番号必須  電話番号を入力してください。   半角数字 (例) 03-1234-5678
お問い合わせ内容 

当社の個人情報のお取り扱い方法に同意いただける場合は「確認する」ボタンを押してください。