無料でご相談 「合格保証」不合格は紺サル費用全額返金

ISOコム通信

リスク及び機会への取り組みとは? ISO9001 2015年版 具体例

2017年12月25日

ISO9001のコンサル風景

こんにちは。今回は、ISO9001 2015年度版(改定/改正)のリスク及び機会について考えてみたいと思います。

 

ISOコム株式会社 お気軽に今すぐご連絡ください!

ISOの認証取得・更新・スリム化の支援はお任せ下さい!

リスク及び機会とは

ISO9001 2015年版(改定)では、“リスク”への取組みということが要求されるようになりました。

6.1 項で“リスク及び機会への取組み”というタイトルで、取組む必要があるリスクを決定し、取り組み方法を決定したうえで取組むことが要求されています。

 

“機会”の原文は“opportunity”となっていますので、いわゆる好機と捉えればよいでしょう。

これに対し、“リスク”はISO9000 2015年版(改正/改定)では『不確かさの影響』と定義されていますが、定義の注記5で『“リスク”という言葉は、好ましくない結果にしかならない可能性の場合に使われることがある。』とあることから、ここでは好機の反対と捉えてよさそうです。

簡単に言ってしまえば、リスクは心配事、機会はチャンス。っていうところでしょう。

外部内部の課題、利害関係者ニーズ期待を放置していて心配なことを「リスク」、

その状態に積極的に取り組むことがチャンスになれば「機会」ととらえると、結構すんなり入ってくるのではないでしょうか。

 

具体例を挙げて考えてみます

次に、リスクと機会の具体例を考えてみます。

例えば、あなたの会社が自動車のエンジン周りの金属部品を作っているとしましょう。

自動車業界では、現在EVシフトが進んでいます。これは外部課題になり得ます。

電気自動車が増えると、自社の製品は今後も売れるのか。そうすると、以下が考えられます。

 

リスク:部品点数の減少による売り上げ減少

機会:EV化へ向けた製品開発力の強化、四輪、航空業界向け製品への取り組み

 

このように考えれば“リスクへの取り組み”は特に難しいことではなく、どの会社でも、経営者が普通に考えていることであることがわかります。

 

ちなみに、規格では、外部内部課題、利害関係者ニーズ期待、それに関するリスク及び機会を文面にすることを要求してはいません。

ですので、審査の際、全て口頭で答えることができれば審査に通ります。

 

ただ、外部内部課題、利害関係者ニーズ期待は、見直しを要求されていますし、リスク及び機会は取り組みが上手くいっているかを把握することを要求されています。

 

また、経営者へ、このような課題にその後変化があったか、リスク及び機会への取り組みが上手くいってるかを報告することが要求されています。

ですので、これらを記憶だけで管理するのは、把握漏れの心配もありますね。課題と取り組みは普通はいくつかあるものなので。

 

実際、事業計画書とか、中期経営計画がある会社であれば、課題を決めてリスクや機会の評価をした結果の計画が書かれているはずですので、それで審査対応は可能です。

 

ただし、環境配慮面について含めて記載してあるものは稀ですので、ISO14001を認証している会社は、漏れていないか注意が必要ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、リスク及び機会。

ここがわかれば、2015年度版のISO9001の取り組み主旨がお分かりいただけるのではないでしょうか。

また、ここがわからなければ、従来の9001と何が違うの?ということになり、せっかくの取り組み効果も半減してしまいます。

 

ISOコムのコンサルを受ければ、事業計画書や中期経営計画がなくても、弊社の最適なツールで、リスク及び機会への取り組みをスムーズにあなたの会社の中に組み込み、成果へと導いていきますのでご安心ください。

ISO取得のご依頼はこちらまで今すぐご相談を!

フリーダーヤル:0120-549-330

 

 

【ISO9001の改正についての過去記事】

組織及びその状況の理解とは?

利害関係者とは?

QMSの適用範囲とは?

プロセスとは?

“人々”ってなに?

リーダーシップ

リスクとは?

規格の性格

品質方針

『適用不可能項目』とは?

運用とは?

製品及びサービスに関する要求事項

設計・開発(1)

今すぐ無料でお問合わせ&ご相談

ISOの取得・スリム化・お見積についてご相談ください。担当者がすぐにご連絡します。
お急ぎの方はお電話(0120-549-330)でも承っております。

貴社名
お名前必須  お名前を入力してください。
住所 
メールアドレス   半角英数字
電話番号必須  電話番号を入力してください。   半角数字 (例) 03-1234-5678
お問い合わせ内容 

当社の個人情報のお取り扱い方法に同意いただける場合は「確認する」ボタンを押してください。